1. マンスリーマンションTOP
  2. 大阪府


大阪でお部屋探し

キーワード検索

条件を選択・入力し、「検索」ボタンをクリックしてください。

キーワード:

おすすめ物件検索

  • 目的地検索

    目的地検索

    目的地周辺の物件を検索したい!目的地から電車で20分以内の物件を調べたい。最適な物件を提供。簡単便利な検索機能です。

  • 主要駅一覧

    主要駅一覧

    主要な駅から物件を選べます。地域毎に簡単に検索できます。

  • 駅から検索

    駅から検索

    この駅周辺には、どんな物件があるの?駅に近いウィークリーマンション・マンスリーマンションが簡単に検索できちゃいます!

  • 地図から検索

    地図から検索

    地図で簡単お部屋検索!目的地から物件までの距離感が一目で分かる、お手軽検索をご用意致しました。

  • 金額から検索

    金額から検索

    物件探しで気になるのは金額ですよね。マンスリーズでは気になる金額から物件を検索出来ます!

  • 掲載会社検索

    掲載会社検索

    マンスリーズに掲載頂いている企業様ごとに、所有されている物件をご紹介!

市区町村から探す

大阪府の市区町村ごとのマンスリーマンション・ウィークリーマンションです。各市区町村をクリックすると、その範囲内にある物件が表示されます。


現在の大阪市の直接の前身である大坂の町は、古代の日本最初の本格的な首都である大化改新の時の難波長柄豊埼宮(なにわのながらのとよさきのみや)や、住吉津(すみのえのつ)難波津(なにわのつ。なにわづ)を起源にもつ歴史的な国際的港湾都市であった。また、江戸時代には既に現在の大阪市の中央部を広く町域とする日本屈指の大都市であり、日本経済の中心だった。

「大坂」地名発生以前の大坂

のちの「大坂」が位置した上町台地は、古代には「難波潟」と呼ばれる湿地に突き出した半島状の陸地で、「難波(なにわ)」、「浪花(なにわ)」、「浪華(なにわ)」「浪速(なにわ、なみはや)」などと称されてきた。

この地には、古代大和朝廷が外国への使節の送り出しや、迎接に利用する瀬戸内海東部の重要な国際港であった「住吉津」や「難波津」が置かれ、古代の仁徳天皇の難波高津宮をはじめ、大化の改新時の難波長柄豊崎宮や聖武天皇の難波京(難波宮)などが営まれ、朝廷の首都あるいは副都として利用された。また、律令制のもとでは首都に置かれる京職に準じる特別の官署、摂津職によって管理された。

難波が古代国家によって重要視されたのは、大阪湾は西日本の交通の要である瀬戸内海の東端にあたり、かつ当時の中央政府があった内陸の飛鳥地方・平城京からみてもっとも近い港湾であることによる。住吉津を管理する住吉大社は、大和王権直属の社として重要視されていた。

難波津は土砂の堆積により港としての機能を衰えさせ、奈良時代の末には放棄され、かわって神崎川河口の河尻泊(現在の兵庫県尼崎市)などに繁栄を譲る。しかし、平安時代には淀川水系を利用して営まれた平安京が恒久的な都となったことから、瀬戸内海から淀川を通じて京都に通じる水運の要衝、また北から淀川を渡り、南の四天王寺や住吉大社、熊野へと続く陸上交通の要衝として栄えた。当時、のちの天満橋から天神橋までの淀川河口一帯にあった渡辺津は、嵯峨源氏の一族渡辺氏の名字の地としても有名である。

近世の大坂

15世紀に大坂の地名を持って呼ばれるようになった上町台地の先端部は、1496年に蓮如がこの地に建立した浄土真宗の石山道場に1532年、証如が山科本願寺から移り、石山本願寺となったことから寺内町として発展した。

織田信長と本願寺の間に戦われた石山戦争で1580年に顕如が退去した後の1583年には、石山本願寺の跡地に豊臣秀吉が大坂城を築き、城下に配下の大名の屋敷や堺などの周辺の町々の町人を集めて、上町台地から大阪平野に広がる大坂の町を築いて政治・経済の中心都市とした。このため、安土桃山時代のうちの豊臣政権期を指して、「大坂時代」と呼ぶ人もいる。

豊臣氏が滅んだ大坂の役で大坂の町は一時的に荒廃したが、江戸幕府は大坂を直轄地(天領)とし大坂城を再建する一方、河川の改修や堀の開削を行い、諸藩も蔵屋敷を置いた。蔵屋敷へは水路で年貢米が運ばれたため八百八橋と言われるほど橋と水路の多い町となった。こうして水の都として復興した大坂は日本全国の物流が集中する経済・商業の中心地となり、「天下の台所」と呼ばれて繁栄した。また、こうした経済的な発展にともなっていわゆる「元禄文化」が大坂で花開いた。また、堂島の米市場では世界で最初の先物取引が行われた。

近世大坂の町は江戸幕府の派遣した大坂町奉行支配のもとに北組、南組、天満組の三組に分かれ、総称して大坂三郷と呼ばれた。北組・南組は現在の中央区の本町通を境とする南北にあたり、天満組は北区の大阪天満宮を中心とする一帯である。

近世に現在の大阪市中心部はその姿を整えたと言ってよい。現在も続く近世以来の大坂の町は、天満、上町、堂島、中之島、船場(北浜)、阿波座、堀江、島之内、江ノ子島などが知られている。

大坂のあゆみ

大阪の地は遠く1万年以上も前から人類が住み、生活していたことが明らかになっています。5世紀ごろには、朝鮮半島などからもたらされた大陸の文化が広まり、大阪が日本の政治・文化の中心となりました。

 7世紀には、日本最初の中国の都にならった都城が大阪に置かれました。その後、都は近隣の奈良や京都に移りましたが、文化・通商の玄関口としての役割は変わることなく繁栄を続けました。

 12世紀の終わり以降、政権が武士の手に渡り戦乱の世となりましたが、堺は中世のイタリアに見られるような自由都市として発展しました。さらに1583年、天下統一を成し遂げた豊臣秀吉は、大阪を本拠地と定め、巨大華麗な大坂城を築城、日本の政治・経済の中心地となりました。

 17世紀には政治の中心は当時江戸と呼ばれていた東京に移りましたが、大阪は「天下の台所」、つまり全国の経済や物流をとりしきる所として重要な役割を果たしました。この時代に、大阪では広く町民を中心とした文化が成熟し、さらに、懐徳堂や適塾といった官制の学問にとらわれない私塾による学問も大阪に根を降ろしました。このようにして、開放的な気風や旺盛な企業家精神が育ち、やがて近代の大都市となる豊かな地盤がつくられました。

 その後、19世紀には、明治維新と近代国家成立に向けての混乱により大阪商人は非常な打撃を受けましたが、その低迷から脱出、工業都市として発展を遂げ、近代都市への脱皮を図りました。第二次世界大戦による空襲の大被害からも立ち上がった大阪は、日本を代表する商業の都として、流通に、貿易に、工業に大きな役割を果たしてきました。

 そして今、大阪は内外の人・物・情報が交流する世界都市へと大きく飛躍する時代を迎えています。

大坂のまちなみ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン^(TM)(大阪市)  

映画の一大テーマパークとしてだけでなく、ワーキング・スタジオとしての機能をも併せ持つ。2001年春オープン以来、臨場感あふれるアトラクションで、国内はもとより海外からの数多くの観光客を魅了し、観光のみならず大阪経済の発展に寄与している。

ミナミ (大阪市)  

エネルギッシュな大阪のまちのイメージといえばミナミ、道頓堀、アメリカ村。そのミナミも最近は、北堀江、南堀江、南船場とオシャレな街角がどんどん広がりつつある。 ミナミ

道頓堀 道頓堀(大阪市)  

芝居街としてスタートし、今でも劇場や映画館がたち並びます。夜になれば、川面にネオンが映し出される風景は、大阪名物。近くには電気製品が安く買える「でんでんタウン」があります。

御堂筋パレード(大阪市)

大阪のメインストリート御堂筋で毎年10月に行われています。国内外からの参加者により、郷土芸能、世界のまつりや踊りなどが繰り広げられる大規模かつユニークなパレードです。 御堂筋パレード

岸和田だんじり 岸和田だんじり(岸和田市)  

岸和田の各町が飾り立てた、だんじりが街中を勇壮に走る。だんじりが街かどを直角に曲がる“やりまわし”は豪快そのもの。約300年の歴史をもつ。

近つ飛鳥風土記の丘(河南町)

一帯には6~7世紀の100基以上の古墳が点在する広大な史跡公園。園内の博物館に当時の文化遺産を展示しており、公園と一体となって当時の様子を知ることができます。 近つ飛鳥風土記の丘

コスモスクエア コスモスクエア(大阪市)

近年、再開発事業が進み、新しい美術館や水族館、見本市会場やショッピングセンターなどが立ち並ぶ、今いちばんホットなエリア。

万博記念公園(吹田市)

1970年に開催された万国博覧会の跡地を利用した公園。民族学博物館や美術館、日本庭園など見どころは尽きません。(右写真は日本庭園) 万博記念公園

海遊館 海遊館(大阪市)

海遊館は世界最大級の水族館。深さ9m、魚たちが悠然と泳ぐ大水槽はじめ、環太平洋水域の環境を大小14の水槽で紹介。海遊館がある天保山ハーバービレッジは、夕陽の美しさも見事な新しい観光スポット。(写真提供:海遊館)

なにわの海の時空館(大阪市)

咲洲に2000年オープンした、なにわの海の時空館は、航海術や映像体験を通して大阪の海の交流史に触れることができる施設。(写真提供:大阪市港湾局) なにわの海の時空館

船宿「鍵屋」 船宿「鍵屋」 (枚方市)

江戸時代、京都と大阪を結ぶ淀川を三十石船が往来した。宿場町として栄えた枚方に残る船宿「鍵屋」。建物の中にある船つき場など当時の面影を今に伝える。

法善寺 (大阪市)

織田作之助『夫婦善哉』はじめ、数多くの文学、演劇などの舞台として登場する。苔むした“水掛不動さん” に願かけて、ふりむくと石畳ににじむちょうちんの灯。 法善寺

寺内町 寺内町 (富田林市)  

富田林市に残る江戸時代の雰囲気を伝えるまちなみ。「旧杉山家住宅」は歌人石上露子の生家。

大阪今昔物語

大陸からナウマンゾウが渡ってきた2万年前の大阪

約2万年前の地球は、気温が低く大陸には氷河が発達していた。そのために、今よりも海水面が低く、日本列島は大陸と陸つづきだった。瀬戸内海や大阪湾も陸地だったこの時代には、きっとナウマンゾウなどが闊歩していたにちがいない。  

大阪湾の誕生した旧石器時代

紀元前7000年ごろ、気温の上昇に伴って海水面が上昇し、ついに大阪湾にも海水が浸入してきた。その結果、上町台地の東側には河内湾と呼ばれる内海が広がった。上町台地東側の森の宮遺跡には、そこで生活した縄文時代の人々の遺物が数多く残っている。       

大規模集落の形成と水路による物流ルートを確立した弥生時代

河内湾が淡水化した紀元前3世紀の弥生時代に入ると、稲作技術の伝播によって農耕生産が盛んになった。『環濠』と呼ばれる、集落を取り囲む溝をもつ大規模集落も出現し、豊富な水路を利用した物流ルートも形成された。これにより、大阪から近畿各地、九州、さらには大陸との交易が盛んに行われるようになった。       

古代日本の玄関口、難波津の誕生。国際都市・商都大阪の原型がつくられた古墳時代

交易によって中国や朝鮮半島との関係が深まった古墳時代には、大阪は『難波津』と呼ばれ、古代日本の玄関口として大陸からの渡来地・使節往来の拠点として繁栄した。渡来人がもたらした窯業、建築、宗教などの文化や技術は、日本各地に広がり、巨大な倉庫群が作られた。このようにして、大阪は国際交易と商業の中心地として重要な役割を担うことになった。今の国際都市・商都大阪の原型ができたわけである。       

先進的な改革派、孝徳天皇による首都移転で栄えた難波宮時代

仏教が盛んになった7世紀後半の飛鳥・奈良時代には、聖徳太子が仏教の興隆を願って四天王寺を大阪に建てた。当時国際交流の一大拠点となった難波津から、多くの遣隋使たち(後の遣唐使)が、大陸の文化や思想を学び、国内に持ち帰るために旅立っていった。そして645年の「大化改新」以降、孝徳天皇が強大な力を誇る唐の圧力に対抗するため、それまでの伝統的な都の地「飛鳥」を離れ、難波長柄豊崎(前期難波宮)に都を移した。国際拠点・商業の中心地に都をおくことで、中央集権化を急いだと言われる。その後、都は再び奈良に戻ったものの、この地に副都として後期難波宮が建設され、その後も国際交流の玄関としての役割を担い続けた。       

仏教巡礼への道、熊野街道の整備が進む平安・鎌倉時代

河内湖が埋まり、陸地化が進んだ平安・鎌倉時代。現在の天満橋から北浜の南岸にあった渡邊津は、その当時盛んになった熊野詣の起点となり、京都鳥羽の渡しから下ってくる屋形船や参拝客でおおいに賑わった。また聖徳太子が建立した四天王寺は、その西門から海に沈む夕陽が望めることで浄土信仰と結びつき、中でも五重塔は来世救済と極楽浄土を願う人たちのシンボルとして、多くの参拝客を集めた。難波津から四天王寺、住吉大社を経て熊野へ通じる道は、熊野古道と呼ばれ、仏教をあつく信仰する人たちの巡礼ルートとして整備が進んだ。       

現代の大阪の基盤がつくられた室町時代

室町時代になると、浄土真宗の宗主蓮如が、今の大阪城のある場所に後の大坂本願寺(石山本願寺)となる大坂坊舎を建立。その後坊舎周辺は栄え、現在の大阪の基盤が築かれた。特に見晴らしがよく敵からも攻めにくいと評判の上町台地は、織田信長をして「大坂はおよそ日本一の境界なり。」と言わしめ、大和川と淀川による水運にも恵まれた、日本の国際交流の要地として着目されていた。大阪という地名は、この上町台地の突端にあった小坂(おさか)という地名が語源だという説もある。       

秀吉による大規模な都市改革で、世界有数の商業都市として発展した安土・桃山時代

織田信長の意思をついで大阪を拠点に天下統一を成し遂げた豊臣秀吉は、1583年に大坂本願寺のあとに大阪城を築城し、ここを居城とした。ついで東横堀川、西横堀川、阿波堀川などをつくり、下水道をはりめぐらせ、海運・水運の拠点として大坂の名を不動のものに。今の船場周辺の町並みや屋敷の区割りベースは、この当時の都市計画の名残。また秀吉は、各地から腕ききの商人を移住させ、木綿や油、薬種、金属加工などの産業の集中を図った。さらに海外交易にも力を注ぎ、商人たちは商談のため東南アジアを往来し、まさに大坂は世界でも有数の大都市、商都として黄金時代を迎えた。しかしながらこの大阪城と城下町は、 1611年の大坂冬の陣、1615年の夏の陣で、焦土と化してしまう。       

焼け野原から復興し、「天下の台所」として底力を発揮した江戸時代

秀吉の時代が終わり江戸期に入ると、焼け野原となった大坂は復興し、「天下の台所」として全国に名を馳せる。水運・海運ルートが確立しているおかげで、全国から米・油・野菜・魚などの物資が集まり出荷される流通拠点として、国際貿易にも結びついた国内最大の経済都市となったのだ。物資の中でも米は例年150 万石前後が取引され、蔵屋敷が立ち並ぶ堂島川・土佐堀川べりを中心とした堂島米市場の米相場が、全国相場の基準とされたほどだ。「転んでもただでは起きない」と言われる大阪人のイメージはこの時代を生きた大坂商人の逞しさと底力からくるものかもしれない。       

商いを支えた町人文化の華がひらく江戸時代

大坂の商いが栄え経済が潤うにつれ、町人たちはさまざまな文化を開花させる。まず文芸の分野では、竹本義太夫の率いる人形浄瑠璃「竹本座」が劇作家近松門左衛門と組んだ作品「曽根崎心中」は、一世を風靡。また、リアリズム作家と称される井原西鶴の「好色一代男」や、国学者・浮世草子・読本作家として名をあげた上田秋成の「雨月物語」などの秀逸な文芸文化がつぎつぎと花開き、町は芝居や文芸の話で湧き上がった。また学術・教育の分野でも、大坂は時代の一歩先を進んでいた。日本にまだ組織的・体系的な「学校」が存在しなかったこの時代に、いち早く漢学塾など好学と自治の風を伝える学校が存在し、大坂の学問的基盤をつくっていた。その中で、富豪町人5人が発起人となった町人のための学問所「懐徳堂」は、自然と人間と社会認識を儒教から学ぶという、当時としてはユニークな発想で、町人に自由な制度と思想をもたらした。一方で緒方洪庵が開設した「適塾」は、幕末維新に活躍した福沢諭吉や大島圭介を育てた蘭学・医学の学問所で、当時の思想界に大きな影響を与え、この自由闊達な町人の町大坂で最先端の学問や思想を学ぼうと、全国から気鋭の英才たちが集まった。このように、文芸・文学・教育・学術と、時代の流れを敏感に感じ取り自らの文化として昇華していく先人たちの気風は、今も大阪の町に息づいている。       



お気に入りBOX

  • お気に入りは登録されていません。

マンスリーマンションのおすすめ物件特集

ビジネスマンスリーズならいろんな方法で検索可能!あなたにあった検索で納得のお部屋探し!!

家具付賃貸マンションのマンスリーを借りるにはどうすればいいの?そんな問題を解決します!

比べて納得。マンスリーマンションVS賃貸マンション

マンスリーマンションと賃貸マンションの一年間利用した時の差は?
お部屋の違いを大分析!ビジネスマン必見です!